あったかパンケーキの魅力 ≫ 近くにある良さに気づく

近くにある良さに気づく

行き先を決めず漠然と「旅行に行きたい」と思うことはないでしょうか。そのようなときは大抵、仕事や対人関係から解放されて日常とは距離を置いた場所で新鮮な空気を吸ってみたいという気持ちが働いているのかもしれません。場所や空気だけでなく、会う人、見るもの、そして口にするものすべてにおいて、「いつもとは違うもの」に触れて気持ちを入れ替えたいと期待を込めて旅行をすることもあるでしょう。

このように突然の旅行を思い立ったとき、ずっと行きたかった場所に行けるだけの時間的余裕があればいいのですが、そうでない場合もあるはずです。特に目的を持たず、これまで行ったことがない土地へ行ってみようかとネットで検索したり、雑誌のページを捲ったりして行き先をあれこれ巡らせるだけでも、若干の旅行気分に浸れることもあるでしょう。しかしなかなか時間も予算も合わないという場合、普段よく出掛ける街でこれまで訪れたことがないお店や場所に足を運んでみるというのはいかがでしょうか。

人は近くにあるものほど見落としがちですから、いつもの街で新たな発見をしながら散策してみると、独特の趣を感じられるかもしれません。例えば、街をぶらつくと新しくパンケーキのお店ができていたとして、普段なら通り過ぎてしまうところを敢えて入店してみるのです。いつもの行動範囲を超えたからこそ分かる発見がそこにあるはずです。想像以上のやわらかさや、種類が豊富であるなどパンケーキついて知らなかったことを知るきっかけとなり、もしかするとそこからパンケーキに嵌ってしまうことも起こり得るでしょう。

遠くても近くても距離に関係なく、自分の周囲は常に新鮮な驚きと発見が溢れているのだと思えば、どこへ行くにも宝探しの旅に出るような気持ちで出掛けられるでしょう。ものの見方を少し変えるだけで、行き詰った気持ちは解きほぐされていくものです。