あったかパンケーキの魅力 ≫ パンケーキなら

パンケーキなら

海外を旅行していると、どうしてもその国の料理に馴染めないこともあるでしょう。異国の空気を思いっきり吸って非日常を満喫したいと意気込んでいても、その国特有の香辛料の強さや、日本では馴染みのない食材を前に、意志に反して体が受け付けないという場合も起こり得ます。旅行のメインの目的がたとえ別のことにあったとしても、食事というのは決して外すことの出来ない楽しみのひとつでもあるはずです。その楽しみを奪われ、泣く泣くファーストフード店や日本食レストランに通い詰めるというのは、人によっては折角の旅行を台無しにさせる重大事件とも言えなくはないでしょう。

そのような時にぜひオススメしたいのがパンケーキです。もちろんケーキなどの他のスイーツでも構いませんが、中には素材そのものが甘すぎたり、アルコール度が高かったり、日本では馴染みのない複雑な味のフルーツを使用しているものも多く、好みが分かれるでしょう。しかしパンケーキならば、ホットケーキに慣れ親しんでいる日本人には食べやすいのではないでしょうか。

一口にパンケーキと言っても、日本で人気があるふわふわでやわらかく分厚い生地のものもあれば、薄く焼き上げたパンケーキを何層にも重ねたものまで様々あるでしょうが、生地の素材となる小麦粉、卵、牛乳は多くの国で同じように使用されているものです。ですから味そのものはイメージ通りで無理なく食べることができるのではないでしょうか。国によっては小麦粉ではなくパスタの原料となるセムリナ粉を用いて焼き上げるなど、独自性に富んでいるところもあるようです。日本と同じようにバターとハチミツを添えて食べても、やはりいつもとはちがう雰囲気に包まれて食べるパンケーキは旅行で訪れた土地の思い出の味として、深く心に焼きついて離れないものとなるでしょう。